マイナンバーカードの申請は意外と簡単だった、、、とはいえ一抹の不安も

前回の記事でマイナポイントの予約や申請のため、マイナンバーカードを作らなきゃいけないと書きました。

前回の記事はこちら

数日後、ようやく重たい腰を上げてマイナンバーカードの申請を行いました。結論から言うと、申請手続きは驚くほど簡単。証明写真の準備さえしておけば5分で終わることがわかりました。

結果論からものを言うのはイヤなのですが、こんなに申請手続きが簡単ならもっと早く済ませておくべきだったと反省しています。

準備する証明写真も私は主人に撮ってもらいましたが、スマホで自撮りでもOKなので面倒くさがりさんにとってハードルはかなり低いのではないでしょうか。

ただ自分がマイナンバーカードを申請した後に気づいたことなのですが、申請したからこそ「本当に大丈夫?」と感じて調べることも多々ありました。

例えば、日本は世界でも有数のIT後進国なわけですが、その国内において最も遅れているのがマイナンバーカードを発行する日本政府なのです。

調べているとシステムの不備や法律上の問題など、クリアして置かなければいけない課題もあるのですが、現状は不備があるままマイナンバーカードを普及させようとしているところに普及のボトルネックがあるような気がしています。

今回デジタル担当大臣に就任した平井大臣には今あるマイナンバーの課題をぜひクリアにしていただいて、安心して便利に使えるマイナンバーカードを実現してほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です