マインナンバーカードを作ってマイナポイントをもらう

マイナポイント事業が始まります。マイナポイントの詳細はこちら⇒https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/

私もマイナポイントには乗っかろうと思っているのですが、肝心なマイナンバーカードを持っていません。なぜマイナンバーカードを持っていないかというと、マイナンバー通知カードをマイナンバーカードだと思い込んでいたからです。

今回のコロナで給付金の申請にマイナンバーがあった方が給付が早くなる。そんな報道に接し、夫に相談したときに長らく続いた勘違いに気づきました。

私自身はマイナンバー肯定派だったのですが、夫からしてみたらマイナンバー否定派だと捉えられていたようです。そりゃそうですよね。

マイナンバーカードを作ると個人情報が流出するとか、会社に副業がばれるとか、いろいろと問題を指摘されてきました。ただマイナンバーの問題以前に、個人的には行政府が未だに紙中心のアナログ対応のほうが大問題であることが今回のコロナで白日の下にさらされたように感じます。

とはいえ、私に出来ることはまずマイナンバーカードを作ること。たとえば個人情報が流出するかどうかという問題は、私には対処できませんが災害の多い日本において、行政対応が速やかに行われることは私には大きなメリットになると感じています。

まずはマイナンバーカードを作って、マイナポイントをちゃっかりもらおうと思います。

初めての宅配クリーニングは比較表を見ながら失敗なきように

5月も半ばになりようやく過ごしやすい季節になりました。過ごしやすいというのは、気温的なことだけではなく花粉が飛ばなくなったこともそう感じやすい要因となっています。むしろ気温よりも花粉かもしれません。ここ数年はそう感じるくらい花粉症がひどくなってきましたからね。

花粉が飛ばなくなってきたおかげで洗濯物も外に干せるようになりました。ずっと室内干しが続いていたので、太陽の光とさわやかな風を浴びて乾くシャツは着心地抜群です。お昼頃に洗濯を干しても夕方には乾くようになたので助かります。

クリーニングに出すなら家まで取りにきてくれる宅配クリーニングにする

洗濯物が外に干せるようになって一段落ついたあとは、衣替えを早急にしなきゃいけません。クローゼットからはみ出したダウンやコートもまとめてクリーニングに出したいですね。せっかくたくさんの衣類をクリーニングに出すので、今年はネットから申し込める宅配クリーニングを利用しようと思っています。

とはいえ、どこの宅配クリーニングがいいのかって最初はわかりませんよね。そう考えると、今までのクリーニングはただ近所だったからという理由でしか出してなかったんだと感じました。それでも近所のクリーニング屋さんに特別不満を感じているわけではありませんでしたが、宅配クリーニングは家まで衣類を取りにきてくれるのでポイントは高いかなと感じています。

実際にコートやダウンなどの冬物衣料をたくさん抱えてクリーニング屋さんに持っていくのって、軽い筋肉痛になるくらいの肉体労働でしたからね。それを往復するのはそりゃ気が引けます。宅配クリーニングがぜんぜんいいです。

宅配クリーニング選びで失敗しないために利用したサイト

宅配クリーニング選びで失敗しないためには、宅配クリーニング各社の特徴がわかる比較表とかが掲載されているサイトをみるとわかりやすいですね。クリーニングの料金システムによって、どんな衣料を出すのが適切かってところまでわかるので、初めて宅配クリーニングを利用する人にとってはわかりやすいです。

とくに私の場合は、ワイシャツのクリーニングはノーマークだったのでこのサイトをみたおかげで、どの宅配クリーニング出すべきか。ちゃんとした選び方がわかりました。

参照サイト:【ワイシャツならココ!】単身赴任ビジネスマンにおすすめの宅配クリーニングランキング

宅配クリーニングは意外と高くない

宅配クリーニングは料金が高いイメージがありましたが、実際に自分の目で調べてみると意外と高くないことがわかりました。1着2,000円前後するダウンのクリーニング代も5着とか10着とか、まとめてクリーニングに出せば1着のクリーニング単価が1,000円くらいになるところもあります。

ワイシャツは若干高めな印象ですが、会員になったりクーポン使ったりすれば普通の店舗とそれほど変わらないレベル。持っていかなくていい、取りに行かなくていい。それを考えると自分の時間を奪われずに出せる宅配クリーニングはメリットしかないように感じます。

今検討している宅配クリーニングは、ワイシャツならリネット、プラスキューブ、ネクシーあたり。ダウンやコートなどをまとめて出すなら、リナビス、せんたく便あたり。保管するならリネット、カジタク、リナビス、せんたく便あたり。どこもそれぞれ特徴があって違いがあるからわかりやすいです。

クリーニングの目的によって、利用するクリーニングを選ぶことが出来るのは宅配クリーニングのいちばんの魅力ですね。

ガラケーを馬鹿にする人とガラケーと連絡とるのが面倒だと感じる人

スマートフォン全盛の時代、ガラケーを使っている人が結構バカにされるように感じるのです。ガラケーはイケてない、ダサい、時代遅れ。そんな印象を受けることが私の身の回りでも起こっているのです。

先日見かけたのは、電車内にいた3~4人女子高生グループが50代男性が使っているガラケーを馬鹿にしていました。ガラケーで何かのサイトを見ていたようなのですが、そんなに馬鹿にされるほどのことでしょうか。ガラケーってそんなに不便なのでしょうか?

ガラケーを馬鹿にするのはおかしい

私は10年来のiPhoneユーザーですがガラケーユーザーを馬鹿にしたことはありません。自分の両親も未だにガラケー愛用者ですからね。

先日、携帯を買い換えるということだったのでスマホに代えるのかと思っていましたが、文字の大きなガラケーに買い換えたようです。

実はガラケーの利用者数はスマホとほとんど同じくらいだというデータもあります。つまりガラケーを使っている人が珍しい人ではないのです。

とはいえ、ガラケーの不便な点もそれなりに感じることはあります。LINEです。

私が感じたガラケーのデメリット

若い人たちばかりではなく多くのスマホユーザーにとってLINEは欠かせないアプリ。でもガラケーではLINEを使うことができません。そのためガラケーユーザーの人との連絡がメールのやりとりになることが多いのです。

基本的にメールのやり取りになるので、LINEのやりとりに慣れてしまうとメールでのやりとりがとても面倒になります。「既読」とつくのがいかに便利かを実感します。既読がつくおかげ省ける手間ってありますよね。

あとガラケーで面倒なのは連絡先の交換です。私は格安SIMを使っているので大手3社のキャリアメールを使うことができません。すると連絡先で伝えるメールアドレスはフリーメールが仕事用のGmailになります。

それにグループチャットができないので、同じ情報を複数の人と共有することもできないのも面倒に感じます。ほかにも流行りのアプリが使えないとか、パソコン用のサイトが見れないとか、デメリットがことごとくあふれてきました。

年配の方はタブレット端末を利用している方も多いように感じます。私なりの提案ですがガラケー利用者の方もタブレット端末ではラインを使ってくれればありがたいです。

ガラケーで通話とショートメールサービスだけなら2,000円くらいの電話代で済みます。でも格安SIMを利用すれば、実は同じ金額でスマホも利用することが出来ます。

ただ、それがわかっていても「変わる」ことが面倒だということは親を見ていると痛いほどわかります。まだまだガラケーの粘りは続きそうです。

買い物に必要なチャリは折りたたみではなく、やっぱりママチャリだった件

ガゾリン代が値上がりしている今日この頃、チャリンコでもたどり着ける距離を自家用車で行くのはお金がもったいないですよね。でも私のチャリはとても古く、タイヤがパンクしたままなので乗ることができません。

結局ママチャリを購入しました…

同居している家族のチャリは午前中にすべて出て行くので、自家用車に乗らないと徒歩で買い物に出かける必要があるのです。でも重い買い物袋をぶら下げて買い物から帰るのは大変ですし、ぶっちゃけ面倒くさくもあるので、思い切って新しいチャリンコを購入することにしました。

ネットサーフィンや新聞広告など、あらゆる広告をチェックしてみると、シティサイクル(ママチャリ)の金額がお店によって全然違うことが判明しました。性能の良いチャリンコが高額なのは納得できるのですが、似たようなママチャリでも1万円~2万円とけっこう金額の幅があるのです。

きっと新聞広告層とネット層では客層が違うんでしょうね。色々調べるって大事ですね。違った意味で勉強になりました。

折りたたみ式にはカゴがないことが判明!

ただ私はママチャリではなく折りたたみ式の自転車の購入を検討していたのですが、安い折りたたみにはだいたいカゴが付いていませんよね。そんなことすら知らず、わたしは折りたたみ式に乗っている自分の姿を妄想していたのです。

チャリの使用目的は主に買い物なので、買い物袋を乗せられるカゴが付いてないと困るのです。そのため折りたたみ式の自転車を買うのをあきらめました。それに家に帰るたびに、毎回折りたたんで玄関に置いておくのも大変ですしね。買い物の後だとなおさらだと感じたのです。

そういった理由で近所のホームセンターのチャリが安いということがわかったので、そこでママチャリを購入しました。しかも前にも後ろにもカゴが付いているチャリを(笑)

ギア付きなので少々の上り坂でも漕いで進むことができるんじゃないかと。運動不足のカラダにはちょうどいいかもしれませんね。ダイエットも兼ねてしっかりと漕ぐ所存です。

これからはなるべくこのママチャリで近所での買い物を済ませたいと思います。春先までは気持ちが良さそうですが、夏は大変そうですね。あーダメダメ、まだ起こってもない先のことまで想像するから何もできなくなるんです。

とりあえず妄想が膨らむより先にママチャリの購入が済んでいて良かったです。